住宅街 大きな建物

安心して生活できるように

住宅街

現在自然災害に悩まされている地域というものは数多くあります。
大きな自然災害にも負けないような丈夫な家でなければ家族が安心して暮らすことはできません。

たとえば地震という自然災害があります。
基本的に昭和56年以降に建築された建物に関しては、基本的な防震性能は備え付けられています。
注文住宅であれば、このような防震性能も優れたものにすることが可能です。
分譲住宅でも、耐震リフォームなどによってより高度な耐震性能が得られます。

耐震性能を高めるためにはまず地盤はとても大切なことです。
しかし、家のデザインに関しても耐震性能に優れたものというものがあるのです。
安心感を持って生活することができるように、デザインから地震に強いものを見なおしていきましょう。
まず、防震性能を高めるには壁の存在が大切になります。
壁の面積の半分以上が窓であったり、ガレージなどを大きくくり抜いてつくってしまった家などは危険です。
一階部分にはしっかりと壁の面積を多く取るようにしましょう。

ほかにも完全な木造住宅などは危険です。
木材を使用する住宅に関しては、金属を使用した補強が必要となってきます。
また、吹き抜けを大きく作ることも揺れを増長させてしまう可能性があります。
吹き抜けを作る場合は、一辺40センチ以下が望ましいとされています。

このように優れた防震性能を備えることもとても大切なことです。
家族が安心して生活できる家というものは、周りの環境も含めて考えるようにしましょう。

人気の設備

走る家族

注文住宅は細部にまでこだわることのできるメリットがあります。
デザインや素材はもちろん、機能性についても最新型のオプションを取り入れることが可能となります。

注文住宅において人気の設備としては、オール電化などがあります。
オール電化とは、家庭内におけるすべてのエネルギーを電気で補うシステムのことになります。
使用する電気は、屋根にソーラーパネルを取り付けることで自家発電が可能となります。
ソーラーパネルを取り付けてオール電化システムを利用することにより、まずは電気代が削減されます。
また、すべてのエネルギーを電気にするということで、ガスを使用せずに済むためにガス代も削減されます。
初期費用こそかかるものの、電気やガスは生活していく上で毎日必要なエネルギーになります。
これらのエネルギーを削減できるということは、大きな節約になることでしょう。

節約を考えた設備としては、井戸掘りなども挙げられます。
井戸を設置することにより湧き水を使用することができます。
電気やガスと同じように、水というものも毎日使用する大切なものとなります。
飲水として使用できない場合もありますが、飲水以外にもガーデニングや洗車などに井戸水を使用するだけで水道代は大幅に削減できます。

このような節約を考えた設備というものは現在とても人気なものとなっています。
注文住宅であれば、これらの設備を最初から取り入れることが可能です。
また、分譲住宅でも一戸建てであればリフォーム次第でこのような設備を設置することは可能となります。

購入のタイミング

帰宅

マイホームを購入するタイミングというものがあります。
平均して、マイホームを購入するタイミングとしては20代の後半から30代にかけてが多いとされています。

何故このような世代にマイホームを購入する人が多いのかには理由があります。
まず第一に、この世代では仕事面での安定があります。
仕事が安定するということは、収入面での安定に繋がります。
安定した収入により積立てられていた住宅資金の頭金なども貯まってきていることも理由でしょう。
初期費用にいくらかけることができるかにより、購入するマイホームの種類にも注文住宅や分譲住宅などさまざま選ぶことが可能となります。

金銭面の理由に加えて、家族のライフスタイルの確立ということも理由のひとつになります。
家族のライフスタイルが確立することによって、どのような家が住みやすいかということが考えやすくなります。
家の住みやすさはもちろんですが、環境にも住みやすさというものが求められます。
たとえば、小さな子供がいる家庭は家の周りに公園などがあると良いでしょう。
また、小さな子供をつれての遠くへの買い出しなどはとても大変なものです。
ですので、家の近くにスーパーや駅などがある環境というものはとても生活しやすいものとなります。
このように、家族にとって過ごしやすい環境を考えやすい家族構成が確定している年代でもあるのです。

また、住宅ローンの支払い期限を考えて退職前に支払い終えたいという人にとって30代というのはギリギリの年代になります。
これらの理由から、マイホーム購入のタイミングはこの世代が多いとされています。